青春の残像をいまだ追っている

青春小説が好きで、色々と探しては読んでみてる。とりわけ部活モノよりも、ダラっと流れていく何でもない日常の中で感情の機微を丁寧に描いた作品が好きだ。
最近よかったもの、短編集でどの話もよかった↓

豊島ミホ/檸檬のころ

檸檬のころ (幻冬舎文庫) 

あらすじ
保健室登校の女友達とのぎこちない友情。同級生と馴染めない音楽ライター志望の偏屈な女子に突然訪れた恋。大好きな彼とさよならすることになっても、どうしても行きたかった、東京――。


人生は選択の連続って誰かが言っておるけど、選択の意味や重さを自覚するのは高校生くらいなのかな。何でもない日常の中でだって、たくさんの選択を迫られる。それが恋であれ、友情であれ、将来のことであれ、何かを選ぶということは、何かを選ばないということだ。選んだ先にあるもの、選ばずに消えた道の先にあったかもしれないもの、煩悶する登場人物の心におこるほんの小さな揺らぎが波紋をつくって伝わってくる。やりきれない思いや、感傷や、幸せ、自分は体験したはずのないたくさんの感情まで、自分の色んな感覚に引っかかってくる。自分はまだそれを「若いね」なんて笑えない、青春ゾンビだ。


と、青春関連で言えば、バンBaseBallBear「17才」があまりに良い。

増補改訂完全版「バンドBのベスト」(初回限定盤)(DVD付)

それはこんな歌詞から始まる。

17才 It's a seventeen
檸檬が弾けるような日々
生きている気がした気持ち
それがすべてだ


檸檬が弾けるような日々。自分が17才だった5年前を思い返してみて、檸檬が弾けたかというと果たしてそんな記憶はないはずなのに、グッと刺さってくるのはなんでだろうなぁ、青春ゾンビだから?17才、何してたっけ。瞬間の感傷を自覚して青春と履き違えるみたいなズルいことばっかりしてた気がする。と思ったけど今だって同じか。爽やかさや輝きに、遥か離れたところから唾を吐きかけるような行為だって、今にしてみればそれもまた逆説的に青春とか言っちゃえると思うと、何したって許されちゃう感じするな。許して欲しいわけじゃないんだけどな。夏の暑い日、窓を全開にしてカーテンが捲れ上がったり、廊下は涼しーとか、制汗剤の香りとか、そういえば古文のワークの提出はまだしてない気がする。今からでも間に合うだろうか。


自分はいつまで青春の残像を追い続けるんだろう。というか、青春ってなんだ。わからないけど、たくさんの選択の末にある今は、それなりに、楽しい。